私の書いた文章を「ネタ」だと思っている人が沢山いると思います。
友人達にもそう言われました。

作り話と思われるのが嫌なので、ここで断言します。

断じてネタではありません。
全て筆者の体験を書いています。

真面目一辺倒な文章も良いですが、それじゃ読んでいてつまらないと思います。

だから雪駄塾を読んで頂いている皆様には楽しみながら履物の事を知って頂きたいです。


言いたい事。

昨今、履物界では、安さを武器とし、必要最小限の機能だけの、芸術性も美的感覚も気遣いも全く無い
「履ける物体」の台頭により、日本の素晴らしい文化、技術が失われつつあります。

コスト(利益)を追求する→職人にペイする金をケチる→半端なものばかり作られる→技術が継承されない
→やがて技術が無くなる→技術の詰まった素晴らしい履物があった事自体、人々から忘れ去られていく→完全な消滅。

今は職人が、できるのに半端な物ばかり作っている段階。

「今」がそれを食い止め、復活させるギリギリの瞬間。
その為に何をすれば良いか?

そこで、「我ら雪駄塾」があるのです!!

今の時代、良いものなら高くてもお金を出して買ってくれる人は必ずいる。
だからコストがかかっても良いから技術の詰まった素晴らしい物をどんどん作ればいい。
伝統を守りつつ、伝統にとらわれず。










それがやがて、履物業界全体を盛り上げる事になるだろう。








平成十八年二月十一日 早朝4時半。

魁!!雪駄塾~目次へ~





スポンサーサイト

魁!!雪駄塾々長 困源

Author:魁!!雪駄塾々長 困源
WELCOME! 2005年開設 祝!12周年

・・・(。-`ω-)あいつは大和魂の塊が服着て歩いてるような奴だ。

(; ・`◇・´)大和塊!

大和塊=雪駄塾長ー。

名前:
メール:
件名:
本文:

QR