FC2ブログ

どうもです!
大変長らくおまんたせ致しました!
カラス表雪駄(烏表、からす表)についてです!

それでは写真をどうぞ!

↓魁!!雪駄塾謹製の支那(支那竹皮)のカラス表雪駄。

↑動きを持たせた構図で。鼻緒は本印伝夜桜極細緒。


↑坪下がり具合が一目瞭然。坪下がりとは、前坪を通常より下げることを言う。
大変粋なつくり。



↑裏革(革底)のつくりは、ベタバリ(ベタ張り、ベタ、直付け、芯無し直付け、とも言う)。
反りも見逃してはならない。この反りが男前である。


↑裏革の前坪にあたる部分の釘の本数は3本。これは坪下がりのため、中芯が開いてしまうのを釘で
抑えるため。三つ星。



↑魁!!雪駄塾謹製の証、桜の印も深く刻む。
大昔の履物(下駄=ただの板に鼻緒をすげたもの)にはつま先裏側に、「千」や「大」の印が、
魔よけの意味で入っていた。それにならい、日本の国花、桜の刻印を赤で染めたもの。
当初の魁!!雪駄塾謹製の桜の刻印は、刻みが浅かったでの履いているうちに
削れて桜の形の朱色だけ残る。
今は、深く刻むのでしっかり残る。
裏革(革底)は国産の昭南のベンズ革。
硬くてまず針が通らないが、筆者は針を通す技術を発見し、成功した。
通常の雪駄はベリーかショルダーと言う部分の革を裏革に使うが耐久性はベンズ革になると
それの2倍になる。バリーや、テストーニなどの高級靴に使われる革と同じベンズ革。


↑古(デッドストック)のベタガネを打つ。
筆者の造語だが、「チャラガネ」とも呼ぶ。
雪駄チャラチャラと言う音がするガネ=金(鉄)だから。
ベタガネの語源は「ベターっ」としているからベタガネ。



このカラス表、足の汚れが本当に目立たない。
だから素足でもガンガン履ける。

ただ、このカラス表、染料を使って染めてある為、竹皮の繊維が弱くなっている。
通常の竹皮だとさらして(漂白)あるだけなので繊維はまだ強いが
カラス表だと、手縫いの時、針を通すとパリパリと竹皮が剥がれてしまう事も。
写真をクリックすると拡大されるが、それでお分かりになられると思う。
耐久性は通常の竹皮表(中国産の竹皮で支那表)と比べ弱い。

通好みの雪駄とされるが、一番人気なので今は通好みとは言えなくなってきている。

カラス表は、基本的に、あまり品質の良くない竹皮を使用する。
何故かと言えば、染めてしまえば、「星」や「ふ」が分からなくなってしまうからだ。

弱いといえば、これも今はない幻の表だが「棕櫚表(シュロ表)」も
繊維の油分があまりなく、経年劣化でパリパリと剥がれる。
手縫いの時は、霧吹きなどで水をかけて湿らせてから針を通すのだが、
それでも針の跡は大きく残る。

余談だが、今はもう作られていない「地長表」なんかは
竹皮が分厚く、かつ粘りもあるので針を通しても小さな針の点が残るだけ。

ちなみにこのカラス表、支那竹のものだと市場価格は30.000円~66.000円前後。2012.4.7現在
野崎表のカラス表は15.000円~27.000円前後。

魁!!雪駄塾では支那竹のカラス表が破格の29.800円(極細緒の鼻緒、ベタガネ込)。

筆者はいつも金がない。だからみんな魁!!雪駄塾で雪駄、買ってちょんまげ。

魁!!雪駄塾~目次へ~




スポンサーサイト





この記事へコメント:する















さてさて。 実は、GW後半の雪見旅行の際、 なぜか、腰を傷めてしまった私。 年始からずっと半端なく忙しく、スケジュールに追われていっぱいいっぱいで、体のケアもろくにで ...

雪駄塾 塾長

Author:雪駄塾 塾長
mail:settajyuku2@yahoo.co.jp
phone:050-5435-1973

◇雪駄 べたがね 補修部品
◇花緒一覧 特注製作等
◇過去に製作した雪駄
◇雪踏の語源~雪踏と雪駄~

© 2005-2020 魁!!雪駄塾

QR