fc2ブログ

なでしこJAPAN!金メダル目指して頑張れ!
ロンドンオリンピック真っ只中の2012年夏ー。

今大会は男子柔道が金メダルゼロとちょっと悲しい状況ではあるが、
サッカーで魅せてくれると信じているー。

そんなわけで、~鼻緒職人による、前坪の形の違い~です。

左:そこそこ腕の良い鼻緒職人の前坪の形 右:日本一の鼻緒職人、金治さんの鼻緒の前坪の形
s-securedownload[1]

どうですか。お分かりいただけましたでしょうか。
左のはドペっとしていていささか不恰好・・・。
反対に金治さんの鼻緒は、先端がとがっていて、鋭い。
流麗な形である。

そう。この前坪の形こそ、職人さんの個性や、腕の見せ所である。
筆者は金治さんの前坪の形のほうが好きだ。

ちなみに両方とも極細緒である。

パッと見は区別がつかない鼻緒の作り、
しかし、この奥の深さ、君の涙に乾杯であるー。

帰ってきた!!魁!!雪駄塾~目次へ~




スポンサーサイト





この記事へコメント:する















YUJI OHMURA

Author:YUJI OHMURA
雪駄塾 代表/クリエイター/ライター

mail:settajyuku@yahoo.co.jp
ph:05054351973
kurihara1-8-17Adachi-ku,Tokyo
未店舗の為ご予約願います。
※2023年店舗予定。


◇オーダーメイド雪駄 ご製作承り〼
◇雪駄 べたがね 補修部品
◇花緒一覧 特注製作等
◇過去に製作した雪駄
◇雪踏と雪駄(雪駄の語源)

© 2005 雪駄塾

QR