FC2ブログ

                  女雪駄

雪駄は男性のものだけと思っていませんでしたか?

そこのあなた!

ノンノン♪

江戸時代から女雪駄(女性雪駄)は存在したのです。

相形、間形(あいがた、aigata)と呼ばれるもので、雪駄の先端が若干丸みを帯びています。

愛形(※筆者の当て字)。

参考文献:我衣
元禄中、江戸にて京草履と号け竹皮製、男用と同じく緒黒天(ビロードのことなり。下これに倣う)、
緋縮面(アカチリメン)また、はなだ色、
茶色もあり。黒緋捻り(クロアカヒネリ)合わせ、前緒は皆ともに紅絹(モミ)。小形なり。この小形、今言う「あいがた」なり。

とある。

また参考文献:守貞謾稿によると、
江戸婦女下駄、足駄、懇請男子用と形同製。男子は十文(トモン)と言いて長さ7寸2分、3分のものなり。
幅定めず。婦女は間形と言いて、6寸7分、8分のものを専らとし、また角下駄をを用いる者、
はなはだ稀にあるのみ。

とある。
2020/09/09追記
今の相形の表記の語源は間形から来たものの様ですね。
推測ですが、子供用(小児)と男子用(中学生位)の間の大きさ(形)だったから、間形(あいだがた=あいがた)と呼ばれ、その後当て字で相形になったと考えられます。
2020/09/09追記

それでは写真をどうぞー。

参考文献の写真:履物考

↑写真の27、28、29番が女雪駄。(江戸時代の京都の雪駄)
29番は江戸末期の女雪駄。
27番、28番は江戸時代の女雪駄だが江戸時代のいつ頃かは不明。


どうですか。

先端が丸みを帯びているのがお分かり頂けると思います。

女は角ばってちゃいけねぇ!よろしく、女性らしい丸みを帯びたラインです。

今後も女雪駄を載せていきます。

2014.1.14画像&加筆
相形女雪駄
江戸時代から先端が丸みをおびた形である、相形の女雪駄。

今年の夏は女雪駄も製作しようと思う。


女雪駄(相形・幻の棕櫚表)




女雪駄(相形・幻の棕櫚表)
女雪駄電車構図

籐表 女雪駄 緋天鵞絨三石鼻緒(色を編集して横尾忠則風な感じな写真になつた。筆者製作)
三石女雪駄2

上記籐表 女雪駄の色編集無の写真。



雪駄塾~目次~



スポンサーサイト





この記事へコメント:する















QR