FC2ブログ

2013.7.2現在、まだ梅雨明けでないのだが、気温は30℃オーバー!
今年の夏は、40℃を記録するとかしないとか。


心頭滅却すれば火もまた涼しーッ!!


と、以前どっかのページに書いた

クーラーキンキンの部屋で粋ってる先輩の言葉を思いだし



設定温度「16℃」、風量「パワフル」、さらに扇風機「強」を併用し
食う寝る遊ぶの塾長でっす!


・・・なんて事はなく、


空梅雨で雪駄の売り上げも良く、筆者も雪駄製作で大忙しの瀬戸てんやわんや。

繁忙期なので製作期間4週間頂いていますが、それでもおっつかなそうっす。

特に夏は籐表が良く売れ、色はヴィンテージ風の
飴色に染色したものよりも、やはり新品のまっさらな江戸っ子が好む
「白」が大人気で、10足仕入れて、10足全部「白」でした。

この籐表、以前は29800円で出していたのですが、これじゃ安すぎてやってけないっつー事で
5000円値上げさせて頂きました。(本当にすいませんm(_ _)m)

原材料の値上がりもあるのです・・・。

その分、籐表の表の作りも格段に良くなっています。




はい!

と言う訳で、

夏だ!祭りだ!タイヤ裏大解剖だ!

です。

これが実用草履鬼反り坪下がり仕様の写真↓



この反りが粋なんです!
なんでこんなに反っているかと言うと、反りがある以上、それ以上足を突っ込めないから。
で、さらに鼻緒を挿げる前坪が、「坪下がり」なので余計にかかとははみ出る。

半端じゃない。

で、自分も前反り(鬼反り)仕様の雪駄を製作するので、敵情視察ー。
内部構造がどうなっているか気になり、分解してみました。
それがこの写真↓

左から、ゴム臭のきつい自転車のタイヤ、中芯の分厚いボール紙(黒)、中芯のボール紙その2、
かかとのウレタン、かかとのフェルト、竹皮表。

このボール紙で反りを出している。ボール紙の写真↓

ボール紙のどアップ写真。ボール紙とお分かり頂けると思う。


タイヤ裏(タイヤ底)の写真↓

よく見ると、点々がタイヤ裏にあるのが分かる。
どアップにしてみると・・・↓

これは、手縫いの針の通った跡と手縫い糸なのだ。

表とタイヤ裏の写真↓

鼻緒の前坪は、鼻緒とボール紙と竹革表とタイヤ裏で貫通して縫い付けてある。

タイヤ裏草履の鼻緒の後穴の写真。
こうやって挿がっている↓


ほっそ~~~い糸が鼻緒の芯縄で、ちょっと細すぎやしないか?と思うほど細い。
耐久性は無さそうだ。
まあ、タイヤ裏草履は使い捨てみたいなものだからこの細さで良いのかもしれない。

どうも。

こんな感じで、分解してみたのですがボール紙だったのは驚きでした。
反りの入ったプラスチックでも入ってるのかと思ったけど・・・。

でも坪下がりで突っかけて履くから反りはあまり経たらない。

かかとのフェルトとウレタンのクッションは履きやすくするためのもの。

坪下がり、前反りと粋な仕様できてるのに・・・クッションがなんかかっこ悪い。

どうせなら、履く人を選ぶのだからクッション抜きにしちゃえばいいのに!

と感じるのは筆者だけでしょうか。

でも、アンコ抜き(クッション抜き)だと超上級者しか履けなくなってしまうからしょうがないか。


で、いつも筆者がお世話になっている、丸屋履物店には実用草履(タイヤ裏)のこんな記述が。
以下、丸屋履物店の説明分。原文ママ。

・実用草履・竹皮・タイヤ底・壷下がり・前反り

お祭りに履かれる事が多いタイヤ裏の実用草履です。
こちらは本物の雪駄と同様に竹皮の畳表を使用しているため、
唐黍などの表に比べて耐久性に優れています。
花緒は緑の糸でまとい縫いにした【千鳥(ちどり)】
という実用草履の中では最も格の高い花緒を使用しています。

前壷を下げた壷下がりで、前に反りを入れることで、チョンと突っかけて履きやすくなっています。
こちらは、通常の壷下がりよりも反りを強くした草履です。
※履き辛くなっていますので、初心者はご遠慮ください。
本物の雪駄とは違い、裏がタイヤですので、滑りにくく仕事履きとしても履かれています。
また、廊下や舞台にも傷がつかないため、役者さんの楽屋履きとしても愛用されています。
何と言っても出番が多いのはお祭りで、お祭りの前には履物を新しくして迎えるというのが
神様に対する礼儀とも言えます。



ほうほう、鼻緒は緑の糸でまとい縫いにしてあって「千鳥」と言うのか。
実用草履の中では最も格の高い鼻緒らしい。

確かに、ただの白の鼻緒が多い実用草履の中ではこの「千鳥」、格が高そうだ!

ふむふむ、役者さんも楽屋履きとして履いているのか!

そして、祭りでは履物を新しくして迎えるのが神様に対する礼儀。

知らんかった。



そんな感じで、この実用草履(タイヤ裏)は丸屋さんで買える。
実は筆者も丸屋さんで買ったのだ。

丸屋履物店実用草履・竹皮・タイヤ底・壷下がり・前反り

↑他にもタイヤ裏は何種類かある。

魁!!雪駄塾を見て買いにきたと言えば半額になるとかならないとか、ならないとか。。。
(↑なるわきゃない!)


それでは、皆様、暑い熱い夏祭りをタイヤ裏で乗り切りましょう!

ハァ~~~~パンパンッ!





2013.11.4加筆&画像追加

40年以上前にはこんな軽装草履もあったのだ。ナックル判と呼ぶ。

一番右:40年以上前の角型(ナックル判)軽装草履。

真中の軽装草履もかなり角型(ナックル判)だ。

↓側面の写真。ベタバリに近い。若干アンコ(芯)が入っている。



魁!!雪駄塾~目次へ~



スポンサーサイト





この記事へコメント:する















雪駄塾 塾長

Author:雪駄塾 塾長
mail:settajyuku2@yahoo.co.jp
phone:050-5435-1973

◇販売一覧 雪駄 べたがね 補修部品
◇花緒一覧~特注なども
◇過去に製作した雪駄
◇雪踏の語源~雪踏と雪駄~

© 2005-2020 魁!!雪駄塾

QR