FC2ブログ

平成30年(昨年)までの雪駄は量が多く重いので続きを読むをクリックして頂けるとご覧になられます。
閉じるのは一番下までスクロールして頂ければ閉じるボタンが雪踏師の端くれ、魁!!雪駄塾 塾長が今まで製作した雪駄の数々を掲載!

製作過程も、気が向けば掲載予定!

2017.6.7追記
・・・と、これをやろうと思って2年半ー。
そろそろ載せていこうと思います。お待たせしてスンマセン。
2017.6.7追記

2018.1.3そろそろ載せる。3年越しか・・・。まぁええかな!
P1060030 (2)_R


2018/02/03 最新作 東京都T様

本日、届いたとお客様からお電話を頂きお話しをさせて頂きました。
「感動しています・・・!」「ずっと眺めています!」
と、直接言われて私も、(^O^)<嬉しいです!ちゃらちゃらやぞ!
更に、「これからもファンのために良い雪駄を作って下さい!」
と言われて本当に嬉しかった( ^ω^ ) ありがとうございますm(_ _)m

2018/02/13 最新作 北海道S様







本日お電話を頂きました!
「すごい!」「履かないで飾って置きたい」「想像以上で驚いています!」
と、お褒めの言葉を授かり私も嬉しいです!花緒は雪駄塾長オリジナル本印伝江戸褄極細緒で裏赤が熱い漢をさりげなく演出。ありがとうございますm(_ _)m

2018/02/16 静岡県M様 籐表後二燻交差縞極細緒切火金雪駄







結構珍しい籐巻後二の雪駄で、籐巻は筆者が巻いて製作。
手のふっくらした部分がつった。

完成日2017/9/7 (掲載日2018.2.20) 千葉県T様
本邦初の中芯に竹を使用した竹芯雪駄 ※お写真はT様が撮影された。

この写真が一番実際の色に近い。芯に竹を使用しているので反りがあるのに弾力性(反発力)もあり、さらに驚くほど軽い。
そして、何よりコストが段違いに安い。そこら辺で生えている竹でいいのだからどこでも無料で入手可能。
(※掲載時間が前後していますが悪しからず)

お写真の色味が夕焼け小焼けの籐表


ベタガネのベースの鉄と三日月部に隙間を作ったベタガネを装着しており、実際履いて歩いた音を録画もした。
筆者も驚くほど透明感のある雑音の無い澄んだ綺麗な音色だ。

ベースの鉄と三日月部に隙間を設けているのでベタガネ全体が革にめり込みことがなく、その隙間は最後まで維持される。
ゆえに、チャラチャラと言う音は三日月部が削れて薄くなっていくだけ高音になっていき、良い音になる。
鋼の硬さと薄さ。そして隙間。これが決め手。

Youtubeに今度ベタガネの音の動画をアップしたら載せます。

2018.2.20 現在出回っているベタガネの型でオリジナルの型なのは雪駄塾だけです。



2018/03/27 神奈川県 E様 籐表後一 交差縞ふすべ高原極細緒 切火金雪駄




かかとの裁ちが綺麗だ。


なめらかなRを描く、一発で裁った綺麗な裁ち。


黒赤螺鈿桜の切火金。


E様のコメント:凄くカッコ良く想像以上で履くのが楽しみ!

塾長:納期が延びてしまいすみませんでした。でも嬉しいお言葉にほっと胸をなでおろしました。ありがとうございました!!ありますのでそれを押してください。

▼続きを読む▼

この記事へコメント:する















雪駄塾 塾長

Author:雪駄塾 塾長
mail:settajyuku2@yahoo.co.jp
phone:050-5435-1973

◇販売一覧 雪駄 べたがね 補修部品
◇花緒一覧~特注なども
◇過去に製作した雪駄
◇雪踏の語源~雪踏と雪駄~

© 2005-2020 魁!!雪駄塾

QR