FC2ブログ

鋼鉄製ベタガネ 雪踏塾オリジナル
送料無料、お振込み後1日~2日でご発送致します。新品2個1セット(ねじ4本付属)の1足分になります。
ドライバー1本で全ての雪駄/草履、実用草履やビニール雪駄などのゴム底/タイヤ裏にも装着可能です。
ねじ止め式なのでしっかり付き、いつでも外す事も出来ます。
※プラスねじが無くなり次第、クラシックなマイナスねじになります。

小さいサイズの女性用草履などに装着する場合は、かかと内にベタガネが収まるか寸法をご確認下さい。
※基本的に草履にベタガネ(鉄)を打てば雪駄になります。

購入、お問い合わせなどはメールかお電話でお願い致します。
mail・・・・・・settajyuku2@yahoo.co.jp
phone・・・・・05054351973

◇ベタガネ雪駄とは
雪踏は草履の裏に革を張ったものです。その後かかとに尻金を打ち、歩くと音が鳴るようにしたもので、
江戸時代の元禄年間(1688.9.30 -1704.3.13)江戸の侠客が伊達の為にこれを履きはじめました。
(かぶりもの・きもの・はきもの / 宮本馨太郎) 
それまで区別が曖昧だった草履と雪踏が、尻金を打つ事により完全に『雪駄(雪踏)』となった瞬間でした。
「雪駄ちゃらちゃら」と言う様に音まで定義に入れた履物は、世界の日常履きを見ても日本の雪駄だけです。
(雪踏塾)

◇鉄鋼製尻金/(鍛錬焼入れ物)3600円
雪駄は音が命です。形/鋼の種類と厚み、工法から音のテストを重ね完成した、現在、最善最良のベタガネになります。
江戸形2
材質・・・・・・鋼鉄製。形は江戸時代の復刻版です。
音・・・・・・・鍛錬/焼入れしてあるので非常に硬く、雑味無く、深みのある澄んだ高音がちゃらちゃらと遠くから響いて来ます。
鍛錬焼入れ・・・金槌で叩き鍛錬し1000℃以上の赤色(黄色)になるまで熱し焼き入れしました。鍛錬は日本刀と同じで不純物が減り鋼が硬くなります。
耐久性・・・・・HV硬度約800(HRC硬度65)。通常の鉄製ベタガネ(Fe=HV硬度115~130)より約3倍の相対耐摩耗度があります。
寸法・・・・・・縦3.7cm 横5cm ※一つ一つ形が違うので若干の誤差がございます。

◇鋼鉄べたがね/(焼入れ物)1800円
雪駄は音が命です。形/鋼の種類と厚み、工法、音のテストを重ね完成した、現在、最善最良のベタガネになります。
焼き入れのみで叩き工程(鍛錬)は入っていませんのでその分お安くしてあります。
1800円べたがね
材質・・・・鋼
焼入・・・・1000℃以上の赤色(黄色)になるまで熱し焼き入れしました。HV硬度746(HRC硬度63-64)。
音・・・・・焼き入れした鋼で非常に硬いので、雑味無く、深みのある澄んだ高音がちゃらちゃらと遠くから響いて来ます。
耐久性・・・通常の鉄製ベタガネより約2.5倍以上の相対耐摩耗度があり減りが遅いです。
寸法・・・・縦3.7cm 横5cm 

◇違い
鉄鋼製尻金・・・・・・・とても高い音。鍛錬/焼入れ。HV硬度800(HRC硬度65)。
鋼鉄べたがね・・・・・・高い音。焼き入れ。HV硬度746(HRC硬度63以上)。
通常の鉄製ベタガネ・・・シャリシャリと低めの音。HV硬度115-130(Fe=鉄 HRC硬度は試験結果無し)。

◇データ
下図データは全般的な鋼の焼入れによる硬度/温度/相対耐摩耗度になります。焼入れままでのデータを見て下さい(※焼戻しはしていません)。本ベタガネは水焼入れなのでもっと硬度が出ていますがこのデータに準拠します。
雪駄塾日立金属焼入れ硬度色温度見本相対耐摩耗度2

鋼鉄製ベタガネ装着イメージ

◇江戸形と京阪形
江戸は小さめ、京阪は大きいベタガネでした。
本ベタガネは少し小さめに作ってあります。

◇全てのべタガネは・・・
べたーっと広い面積の尻金でチャラチャラという音が非常に大きく目立ちます。
特にアスファルトの上では地面が固い為、とても良い音が響きます。
大理石やコンビニ等のつるつるした地面(床)ではよく滑ります。
逆にアスファルトの様なざらざらの地面ではベタガネが食い込みあまり滑りません。

◇歩き方
すり足に近い歩き方で、かかとは地面を軽くかする感じです。
※ジョギング/ランニングの様にかかとから強く着地すると滑ります。
※万が一滑ってお怪我をされても、当方では一切責任を負いかねます。予めご了承下さいませ。


以上になります。

ここまでお読み頂き誠にありがとうございます。
何かご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さいませ。

mail・・・・settajyuku2@yahoo.co.jp
phone・・・05054351973


どうぞ宜しくお願い致します。


雪踏塾 塾長 拝

copyright (c) 2005-2020 魁!!雪駄塾 All Rights Reserved.
スポンサーサイト





この記事へコメント:する















雪駄塾 塾長

Author:雪駄塾 塾長
mail:settajyuku2@yahoo.co.jp
phone:050-5435-1973

◇雪駄 べたがね 補修部品
◇花緒一覧 特注製作等
◇過去に製作した雪駄
◇雪踏の語源~雪踏と雪駄~

© 2005-2020 魁!!雪駄塾

QR