FC2ブログ

どこもやっていない籐表の坪下がり加工です!

籐表の前坪を編み直して目張りし、新しく二寸下げで前坪を作りました。

どんな籐表でも、ご希望の下げ寸で坪下がりに致します。
※虫喰い、剥がれ、割れ等の補修、編み直しも致します。

左:坪下がり加工(編み直し)  右:通常の前坪位置


夏の雪駄 籐表(蝉表)

表と裏革のみで構成される、ベタ張り、直付けと呼ばれる台の作りに、前坪は籐を編み直して二寸下げた特別仕様の坪下がり。鼻緒は黒に赤小桜の極細緒が付く。中芯には竹を入れ、これを竹心と言う。竹の入手のし易さ、軽さ、反り、反発力、耐久性などから反りを出す雪駄の中芯にはこれ以上の物は無い。裏革の爪先部は切先仕上げで、日本刀の様にシャープに見せた。竹心、切先仕上げ共に雪駄塾(筆者)案出。


幅狭加工

表の幅は筆者が中芯を分厚くする事により三寸三分(約10cm)から三寸(約9cm)まで狭くした通称、幅狭(ハバゼマ)に仕立てた。

裏革かかとに打ってある江戸時代発祥の尻金を忠実に再現しつつ、過去存在した中で最大寸法で製作した。材質は鋼。鍛錬、焼入れし硬度を高めてある。



籐表雪駄製作は雪駄塾に御用命下さい。
坪下がり・幅狭の加工賃、その他のお問い合せは・・

mail:settajyuku@yahoo.co.jp
phone:050-5435-1973

まで。

copyright (c) 2005-2021 雪駄塾 All Rights Reserved.

スポンサーサイト





この記事へコメント:する















QR