fc2ブログ


↑全く同じに見えるが・・・

↓↓裏革を見ると・・むむ?右のはなにやら全周に切り込みがあるぞ?


↓ドアップ画像。

そうです。これが裏革(ウラカワ ula-kawa)で「接着」か「手縫い」かの見分け方。
右のように切り込みがある方が手縫い。
買うときにチェックしたほうが良いです。
なぜかと言うと・・・

↓接着剤で貼り付けた裏革は柔軟性が無く固い。


↓手縫いの裏革は柔軟性があり、また丈夫だ。当然、履き心地もこっちの方が良い。


実際、手にとって見る機会があれば試して欲しい。
どんなに鈍感な人でも(筆者もその一人)その違いが分かると思う。

やはり手縫いの方が履き心地、耐久性ともに良いが、
接着剤も技術の進歩により耐久性が増した。

帰ってきた!!魁!!雪駄塾~目次へ~






スポンサーサイト





この記事へコメント:する















YUJI OHMURA

Author:YUJI OHMURA
雪駄塾 代表/クリエイター/ライター

mail:settajyuku@yahoo.co.jp
ph:05054351973
kurihara1-8-17Adachi-ku,Tokyo
未店舗の為ご予約願います。
※2023年店舗予定。


◇オーダーメイド雪駄 ご製作承り〼
◇雪駄 べたがね 補修部品
◇花緒一覧 特注製作等
◇過去に製作した雪駄
◇雪踏と雪駄(雪駄の語源)

© 2005 雪駄塾

QR