FC2ブログ

今では殆ど見ることのできない本物の籐表・・・。

その中でも神話になりつつある、芸術の域にまで達した籐表を


懐の広いこの筆者が(現在体重86kg、減量中)


特別にビッグな画像で御開帳します。

※リスペクトして見てください。クリックすると特大画像になります。
帆かけ舟と松原:70年~90年以上前の銚子の籐表の作品
この籐表は筆で描いているのではなく、色の違う籐を編んで表現した作品である。

筆者がこの籐表を発見した時、言葉を失い、その場に立ち尽くした。
筆者が聞く限り、籐表は二つの地域で編まれていた。
一つは茨城県の波崎。そしてもう一つは千葉県の銚子。
この作品は千葉県の銚子で編まれたもの。
さすがに作者までは分からなかった。

お値段を聞いたが、当然売り物ではなかった。

その後、頼み込んで写真を撮らせてもらう。

花緒をすげてもらっている時に、ご主人から話を聞いたのだが、
昔は螺鈿(ラデン laden)や、象嵌(ゾウガン zou-gan)が入っている籐表もあったという(未確認)。
店内にいたお客さんたち一同(筆者含む)から、感嘆の声があがったのは言うまでもない。

この籐表を見る為にお店に行くのもありだ。

2013.11.28↓
絵入り籐表は色んな柄がある。
今回、筆者が入手したのがこれだ。↓
絵入り籐表4

そして、参考文献:昭和3年6月(1928年)の東洋履物商報の三周年記念号の
全国履物問屋仕入便覧に載っていた広告の写真にはこんな絵入り籐表もあった↓

茨城県波崎のもの↓
絵入り籐表1

千葉県銚子のもの↓
絵入り籐表3

千葉県銚子のもの↓
絵入り籐表2


ども。

2013.11.28↑

魁!!雪駄塾~目次へ~




スポンサーサイト





この記事へコメント:する















雪駄塾 塾長

Author:雪駄塾 塾長
mail:settajyuku2@yahoo.co.jp
phone:050-5435-1973

◇雪駄 べたがね 補修部品
◇花緒一覧 特注製作等
◇過去に製作した雪駄
◇雪踏の語源~雪踏と雪駄~

© 2005-2020 魁!!雪駄塾

QR