fc2ブログ

鼻緒の男仕立て



前坪の形が角型になっている。
見た目が男らしいから、男仕立て(オトコジタテ otoko-jitate)と呼ぶ。
さらに横緒に前緒を通しているので通し坪とも呼ぶ。

基本的に通し坪の時は角をキッチリ出した男仕立てだ。


・・・確かに男だ


前坪に折り目が入っているが、これは親指の爪で形を作る。


一方普通の仕立て。被せ坪と言う。

この前坪は、丸い電気棒(電気ゴテ)を使い、形を作る。
丸い棒が通った形跡がお分かり頂けると思う。
前坪先端部分も丸い仕上がり。

はい。これがその電気棒です。画像追加06.06.11

今はもう作られていない道具の一つ。

これをこのように使います。


上の写真の鼻緒職人さん、とにかく手さばきが尋常じゃなく早いです。
齢70を迎えられたそうですが、今だ衰えることの無い卓越した技術。
一連の動作を見たい人は、下町風俗資料館に行けば見れます。
第二日曜日が鼻緒製作実演となっているようです。
なんと25年もここで実演を続けられていると言う。

男仕立てがあるから女仕立てもあるのかとお思いでしょうが、
女仕立てと呼ばれるつくりはないです。

男物の鼻緒は男仕立てじゃなきゃいけないなんて事も無いです。
ただ、男仕立ての方が「より男」らしいとう事です。
筆者は普通の丸い仕立てよりか、角張っている男仕立ての方が好きです。


鼻緒を選ぶ時はよく見て下さい。
違いが分かると思います。

魁!!雪駄塾~目次~



スポンサーサイト





この記事へコメント:する















YUJI OHMURA

Author:YUJI OHMURA
雪駄塾 代表/クリエイター/ライター

mail:settajyuku@yahoo.co.jp
ph:05054351973
kurihara1-8-17Adachi-ku,Tokyo
未店舗の為ご予約願います。
※2023年店舗予定。


◇オーダーメイド雪駄 ご製作承り〼
◇雪駄 べたがね 補修部品
◇花緒一覧 特注製作等
◇過去に製作した雪駄
◇雪踏と雪駄(雪駄の語源)

© 2005 雪駄塾

QR