FC2ブログ

正絹裏毛緒(ショウケンウラケオ)です。
素材は勿論、絹。
他には、わな天ビロード、(わな天、輪天、輪奈天、ワナテン wana-ten)
正絹ビロード、とも呼びます。
関西では「わなビロウド」と云ひ、関東では「わな天」

天鵝絨 
びろーど

ビロードと訓ず。『世事談』に曰く、正保・慶安の頃、京師にて織り始む。その昔はこれを織ることを知らず。
一年来舶の中に針金の残りたるを見て、織ることを得たり、云々。これより以前は来舶を用ひしなり。
また天鵝は俗に云ふ白鳥なり。その羽毛に似たる故の名なり。
 昔は来舶のみを用ふ故に、民間には用ひざりしならん。今は履緒にさへ専らこれを用ふ。
 また天鵝絨に無地も縞も織る。また糸を切りて針鉄を去らず、抜き去りて糸の輪になりたるを、
京坂にわなビロウドと云ひ、東武にてわな天と云ふ。
 また輪天に紋を切りたるを紋天鵝絨云ひ、地輪にて紋切糸なり。武家の女乗物に天鵝絨巻と云ふあり。
(糸票)天鵝絨の地、輪天に唐草を切糸にしたるを惣躰に張るなり。
 男子用武家には傘・笠袋・乗物・簾のへり等に用ふのみ。土民は鼻紙袋にこれを用ふ。
これは柑・黒等を用ふ。傘・ 嚢等は黒の毛天鵝絨なれ。その他は男用稀なり。
 女用には三都、合羽ゑり。京坂、喪服の襟。三都とも下駄・雪駄の緒に用ふ。また帯には毛も輪も用ふ。
また絨一字にてビロウドと訓ぜる書あり。天鵝の二字は附字なるべし。

※嘉永六年(1853)風俗百科全書「守貞漫稿」より※





↑これが正絹本天(正絹ビロード)。

また、ビロードの事を本天(ホンテン honten)と呼びます。
鼻緒職人さんの間では、単純に裏毛(ウラケ)と呼びます。
ややこしいですが、本天=ビロード=裏毛です。
表に「わな」を残した状態が「わな天」で、裏側はビロードだから「裏毛」。


ここで間違えてはいけないのが、一般的に本天と呼ばれる花緒は全て毛切りしてある生地で作った花緒を指します。本天花緒についてはまた次回にでも。

※誠に申し訳ございませんm(_ _)m、「毛切らず」という本天も存在します。
その質感、肌触りから、主に夏向けの鼻緒に用いられる。
さらさらとした感触。2013.5.19加筆。
↓これが毛切らず本天鼻緒。写真提供:丸屋履物店2013.8.17写真追加&加筆。
表は本天で毛を切っていない。


裏側を見ると・・・。こちらも毛を切っておらず罠(ループ状)の状態。


裏側の接写。毛切らずだ。

2013.8.17写真追加&加筆。



生地。

芯に針金が入っており、それを巻き込んで(ループ状にして)織ります。

毛の切り方(針金はまだ抜いていない)。

画像の様に針金が縦に入っているので、刃物で青のライン、つまり縦方向に毛を切っていき、
赤のラインで毛を切るのを止めます。
そして、針金を抜くと毛を切った部分がフワフワの裏毛(ビロード生地)になり、
切っていない部分は「わな」のまま残ります。
毛を切ることを毛切り(ケギリ、kegili)と言います。

現在、この生地は京都で織られていますが毛切りをできる職人さんが一人しかおらず、しかも60歳代で技術の消滅が危ぶまれる状況にあります。
縦に切って、横のラインをピタリと一直線に出す。とても人間技とは思えません。

この生地を花緒に使用すると、花緒の表側にわな(毛切りしていない部分の生地)を使い・・・


裏側、つまり足の甲が当たる部分には毛切りした裏毛(ビロード)を使用します。

足あたりが非常にソフトで履き心地が良いです。

この花緒はわな天部分と裏毛部分の生地を別々にして縫い合わせるのではなく、
一枚で造っている為「丸鼻緒」になります。
つまり、縫い目は片側のみ存在します。

拡大画像↓2011.07.16追加


参考資料に、別の種類の正絹裏毛の生地。

何でも毛切りの職人さんが洒落で模様を切ったそうです。

この毛切り、微妙な刃物の角度で毛の切り口が変わってしまい、
生地がムラになってしまう事があります。

右側がムラになっている部分。
左側はまだ針金が残っており毛切りしていません。
しこいようですが、毛切りしていない部分の針金を抜くとわなになり、
針金の上から毛を切ると、ビロード=本天になります。
※この画像の生地は裏毛と呼ぶよりも、ビロード=本天と呼びます。
 わなを残さない生地の為。

切る時は息を止めて一気に切るそうです。とにかく非常に根気が入り、集中力と技術力も要求される作業です。戦前は松林、家紋など様々な柄を毛切りして現し、職人がその腕とセンスを競ったそうです。

今は、ナイロン製のナイロンビロードに変わってしまい殆ど見る事の出来なくなってしまった逸品です。

↑↓格子に切ったわな天ビロードの花緒。06.07.14画像追加

男正絹格子わな天裏毛緒 2011.07.16画像追加

2015.4.7追加
その上記の様々な紋様を毛切りした本天鼻緒がこれだ!↓
松林に鶴の柄。






今はもう完全に作られなくなってしまった、芸術とも呼べる逸品。


そしてさらに凄いのがこちら!






この鼻緒は十三夜 きもの日記 雨龍さんの所有である。
お値段は、今、もしあれば10万円は超えるだろう。
博物館入りするほどの本天鼻緒。
昭和40年以前までは技術として確実に存在していた。
今からざっと50年以上前。

2015.4.7追加



魁!!雪駄塾~目次へ~



スポンサーサイト





この記事へコメント:する















雪駄塾 塾長

Author:雪駄塾 塾長
mail:settajyuku2@yahoo.co.jp
phone:050-5435-1973

◇販売一覧 雪駄 べたがね 補修部品
◇花緒一覧~特注なども
◇過去に製作した雪駄
◇雪踏の語源~雪踏と雪駄~

© 2005-2020 魁!!雪駄塾

QR