FC2ブログ

まだまだ続くぞ!

張りおべた本天緒付

幼児の履き習いの下駄
歩き初めから二歳くらいまで。

木目鎌倉男おべた本天緒付

幼児の履き習いの下駄
歩き初めから二歳くらいまで。

ねずこ(神代杉)子日光 子桜柄緒付 

五寸五分(3才の子ども下駄)

子千両捌 唐桟柄緒付

五寸五分(3才の子ども下駄)

桐焼右近 本天縞緒付き

桐の表面を焼き、木目を活かして磨いたもの

桐焼相丸 (相=相型、女物)

桐の表面を焼き、木目を活かして磨いたもの

男桐焼き千両

桐の表面を焼き、木目を活かして磨いたもの

桐焼子千両丸形


天磨きぬた面芳町


黒刷毛目反り日光 縞緒付


刷毛目右近 (新色)


春慶塗り芳町 縞緒付


女真物(まぶつ)張り芳町後穴(あとあな)

真物 台が一つの木からくりぬいて作られた 天と歯が接着ではない
張り 天に柾目の経木(きょうぎ 板を紙のように薄く削った)を張る
後穴 駒下駄、日和にあり、緒の後ろの穴を後ろの歯よりさらに後ろに開ける
   関西の女物に多い型、かかとに近くまで足を押さえるので前坪まで深く履きこむのに具合がよい
前穴 後ろの穴が後ろの歯の直前に開ける
面付、男物や東京に多い型 指を浅く入れてつま先に引っ掛けるように履く

女張り千両


女茶竹焼舟形 印伝緒付


帰ってきた!!魁!!雪駄塾~目次へ~




スポンサーサイト





この記事へコメント:する















雪駄塾 塾長

Author:雪駄塾 塾長
mail:settajyuku2@yahoo.co.jp
phone:050-5435-1973

◇雪駄 べたがね 補修部品
◇花緒一覧 特注製作等
◇過去に製作した雪駄
◇雪踏の語源~雪踏と雪駄~

© 2005-2020 魁!!雪駄塾

QR