FC2ブログ

今回は1920年代の和装履物の表についてです。

津山表
入荷数量は極めて少なく、形状がよくなく品質は伊勢表以下。

土佐表
最良質、伊勢表よりも上質、幅広で長い、不良品が少ない、取引で値引はしない、型入はない。

南部表
九州地方の竹皮を原料として製造され、品質は最上位。価格が極めて高いため需要は減少しつつある。
東北地方南部、および秋田、東京市内及び八王子で生産。一足一円九0銭から六円。

支那南部表
中国産の竹皮を原料として、南部表をまねて製造され、
価格が低廉であるため需要が増加。南部表と同一地方に
おいて生産されていたが、名古屋、桑名、姫路などでも
生産。一足九0銭~三円五0銭。

棕櫚南部表
朱呂南部、朱南ともいう、国内産の棕櫚葉を原料に製 棕櫚
造され、・価格は低廉であるが比較的耐久力があり、相当
の需要がある。主に東京、埼玉で生産されていたが、大
和、和泉でも生産され、練馬産のものが比較的良質。一
足六三銭~一円三0銭。

棕櫚表
和歌山県産の棕櫚葉を原料として、大和や近江八幡で
大量に生産。品質は粗悪であるが、低価格であるため需
要は高い。一足二七銭~八五銭。

相長表
但馬、丹波、山陰、北陸地方で産出される短い竹皮を
用いて製造。品質は履物表類のなかで中等。和泉、河内、
大和、姫路などが産地として知られていたが、四国地方
でも生産されるようになった。一足四0銭~二円二0銭。

長表
相長表と形状、産地ともほぼ同一。一足四0銭~二円二0銭。

穂長表
相長表と形状、産地ともほぼ同一。別名末長。一足三
五銭~二円一0銭。

籐表
南洋から輸入された籐皮で製造。廉価で耐久性もあり、
汚損も少ないため夏季用として需要が激増。東京市内、
千葉県銚子、茨城県波崎、富山県滑川、愛知県名古屋で
大量に生産。東京市および銚子のものは良質であるが、
富山県産のものは品質が劣悪で、名古屋地方のものは富
山県産よりはやや上等であるが品質は悪い。一足三五銭
~二円八0銭。

2011.11.28↓
参考文献:昭和3年6月(1928年)発行の東洋履物商報社の全国履物問屋仕入一覧の籐表の卸価格。
昔の籐表の値段
2011.11.28↑

伊勢表
大和表に次いで多量に入荷、品質佳良、不良品の混合少なく、型入があり、子ども物はない。
稲藁を原料として伊勢で多量に製造され、麻裏表とし
ては最優良。一足一二銭~一一一二銭。

大和表
大阪への入荷が最多量、子ども物は独占、価格は最低廉、品質最粗悪、形状は薄くて幅が狭い。
稲藁を原料として製造。伊勢表と比較すると縄の締め
方や形状が著しく劣り品質は粗悪であるが、低廉である
ため需要は相当高い。一足五銭~一九銭。

芯藁
藁芯を原料として大和、伊勢で生産。需要は減少傾向。
一足九銭~二六銭。

たけのかわ表
竹皮を原料として大和で生産。粗雑に製造されている
ため外観は劣悪。児童用の履物に使用。一足三銭~八銭。


参考文献
『主要市場ニ於ケル草履表ノ取引状況調査』農林省農務局、一九二四年

魁!!雪駄塾~目次へ~



スポンサーサイト





[Re: Re: タイトルなし]
> > 今現在の野崎表は何処に入るんですかね。
> >
> > この前某店に行って籐表の革芯の雪駄を買いました。
> > 第二回全国雪駄自慢大会があれば披露したいと思います。
>
> 踊る花鰹さん、野崎は野崎という枠組みでいいと思います。
> あと第二回雪駄自慢大会やります!!
> 籐表は轍のRが出てるかが良い作りの判断材料になりますので
> 写真は轍のRが見える角度でお願いします!
> ちなみに今回は賞品はでません。申し訳ございませんm(_ _)m
> あと店名は、宣伝になってしまうので某店とさせて頂きました。
> ご了承くださいm(_ _)m


やっぱり賞品出します!
3足分限定で、ベタガネです!
[Re: タイトルなし]
> 今現在の野崎表は何処に入るんですかね。
>
> この前某店に行って籐表の革芯の雪駄を買いました。
> 第二回全国雪駄自慢大会があれば披露したいと思います。

踊る花鰹さん、野崎は野崎という枠組みでいいと思います。
あと第二回雪駄自慢大会やります!!
籐表は轍のRが出てるかが良い作りの判断材料になりますので
写真は轍のRが見える角度でお願いします!
ちなみに今回は賞品はでません。申し訳ございませんm(_ _)m
あと店名は、宣伝になってしまうので某店とさせて頂きました。
ご了承くださいm(_ _)m
この記事へコメント:する















雪駄塾 塾長

Author:雪駄塾 塾長
mail:settajyuku2@yahoo.co.jp
phone:050-5435-1973

◇販売一覧 雪駄 べたがね 補修部品
◇花緒一覧~特注なども
◇過去に製作した雪駄
◇雪踏の語源~雪踏と雪駄~

© 2005-2020 魁!!雪駄塾

QR