fc2ブログ

雪駄の爪先の形の違いについて書いてみました!

江戸前(東京)と京阪(京都、大阪)の雪駄の爪先はこうも違うんです。

それでは写真をどうぞ。

左:京阪の爪先の形(仕上げ)。    右:江戸前の爪先の形(仕上げ)。

爪先のドアップ写真で見比べてみましょう。

左:京阪          右:江戸前
雪駄の爪先の形が京阪が丸みを帯びているのに対して、江戸前は角ばっている。
この傾向は鼻緒にもみられ、
京阪は前坪が丸みを帯びた形なのに対し、
江戸前の鼻緒の前坪は角ばっている。

お餅と同じなのかもしれません。

江戸は角形、京阪は丸い。

ちなみに雪駄の作りはこうなっていて、横から見ると・・・。

側面の三角形の形をした部分は半月(はんげつ)と言う。

一方、これは草履だが、側面を見ると・・・。

三角形の部分は半月。
その下の部分は前通し(まえどおし)と言う。前まで通ってるから。

江戸前が良いか、京阪が良いかは好みの分かれるところ。

魁!!雪駄塾~目次へ~



スポンサーサイト





この記事へコメント:する















YUJI OHMURA

Author:YUJI OHMURA
雪駄塾 代表/クリエイター/ライター

mail:settajyuku@yahoo.co.jp
ph:05054351973
kurihara1-8-17Adachi-ku,Tokyo
未店舗の為ご予約願います。
※2023年店舗予定。


◇オーダーメイド雪駄 ご製作承り〼
◇雪駄 べたがね 補修部品
◇花緒一覧 特注製作等
◇過去に製作した雪駄
◇雪踏と雪駄(雪駄の語源)

© 2005 雪駄塾

QR