FC2ブログ

はい!と言う訳で雪駄道に入門して苦節8年、とうとう入手してしまいました!



地長を超える!
幻の白ムシ表!!



もう何も言いません、しょっぱなから写真をどうぞ!









白ムシとは

竹は上まで伸びるが竹の子の時点で左右に皮が一枚ずつくっついている。
それが雪駄表の竹皮=筍の皮で、竹の葉ではない。
竹皮は竹として成長した時点で採取するが、竹になって皮がずっと被ったまま2mくらいになり、そのままもっと成長すると竹皮は自然に落ちる。白ムシと言うのは、竹皮が自然に落ちる前に竹が虫に食われて枯れてしまい、そこで成長が止まった竹にくっついている皮が白ムシ。

竹が枯れるということは、皮がまだかぶっていて日が当たらないから白い皮が中に残る。
それを採ったものが白ムシ。

色が白くて、虫が食ったから白ムシ(白虫)と呼ぶ。
通常、雪駄表にする竹皮は漂白するが、白ムシは漂白をしないのに上記の理由により色が真っ白である。


まさに雪肌。


話はそれるが、地長は竹として成長(枯れないで)して、その中で星がなくて良い皮を採取したもの。
九州は福岡の八女市星野村の真竹の変異種のカシロタケと言う竹の竹皮。

やはり白ムシの方が採取できる皮が少ないため、表になったとき、その希少性から地長よりお値段が高くなる。



そもそも白ムシの存在自体、プロの間でもほとんど知られていない。
貴重な研究資料。



極端に生産数(流通数)が少なく、まさに幻の表と言った所。


もちろん白ムシは日本産の竹皮で、もう編まれていないし今後も編まれることはない。
上の写真の白ムシの竹皮は九州産である。

白ムシはどれだけ色が白いかと言うと、こちらに比較写真があるので参考にして下さい。

       左:白ムシ     右:支那染(現在編まれている表の中で最高峰のもの)


上:支那染 下:白ムシ


       左:白ムシ     右:支那染



色の違いがお分かりいただけただろうか。

支那染は黄色っぽいの対して、白ムシは純白。


ちなみにサイズは8寸5分で年代は約40年前。


自分で言うのもなんだが、塾長はんぱない。

雪駄塾~目次へ~



スポンサーサイト





[Re: 欲しい]
> 幻の欲しい
しばしお待ちを・・・
[欲しい]
幻の欲しい
この記事へコメント:する















QR